互換インク 品質 比較

文字印刷の品質比較

メーカー純正インクとインクナビ製の互換インクの印刷品質を比較検証しました。

 

今回は、文字印刷編です。

 

見た目の違いは、ほぼ見られず、実用上問題なさそうです。

 

調査方法の詳細はこちらをご覧ください

 

純正インク vs 互換インク【文字編】

 

最初に文字の印刷比較です。まずはゴシック体から。

 

純正インク
純正インクで印刷その1

 

互換インク
互換インクで印刷その1

 

拡大して比較してみましょう。

 

拡大比較1

 

左が純正インクで印刷したもの。右が互換インクです。文字のカスレや、にじみ、色の違いなど無く、綺麗に印刷できています。

 

行書体で、さらに拡大してみました。

 

行書体印刷比較

 

文字印刷に関しては、違いが判りませんでした。

 

純正インク vs 互換インク【グラデーション編】

 

次に、グラデーションの印刷比較です。

 

純正インク
純正インクその2

 

互換インク
互換インクその2

 

並べて比較してみます。

 

印刷比較その2

 

純正インクに比べて、互換インクのほうが、微妙に発色が明るいようです。

 

真ん中の黄色系統グラデーションで比較すると、マゼンタとイエローの発色が少し違うのが判ります。

 

純正インク vs 互換インク【ベタ印刷編】

 

適当な絵に、ベタ塗りをしたもので比較してみましょう。

 

純正インク
純正インクその3

 

互換インク
互換インクその3

 

拡大比較です。

 

印刷比較その3

 

イエローの発色が微妙に違います。互換インクのほうが、少しだけ明るいですね。

 

結論・高品質な互換インクでした

 

いかがでしょうか?

 

互換インクは、商業印刷や、高度な色調整を施した写真の印刷には向いていないかもしれませんが、日常的なプリントの範囲であれば、十分な品質ではないでしょうか?

 

わたしの場合は、ファックスの受信や、ビジネス文書の印刷が主な用途なので、全く問題ない印刷品質だと思います。

 

互換インクは色々なところで販売されていますが、この互換インクは純正インクの約半額で購入できました。(エプソンやキャノン、ブラザー用の互換インクはさらに安く購入出来るようです)

 

互換インク使用後、約二か月ほど経過しましたが、今のところトラブルは起こっていません。

 

今回使用した互換インクはこちら ⇒ インクナビ

 

次のページでは、写真のプリントで比較検証を行っています。

関連ページ

写真印刷の比較【その1】
互換インクと純正インクの印刷品質を比較てみました。今回は写真印刷編(その1)です。写真を拡大表示して並べてみました。
写真印刷の比較【その2】
互換インクと純正インクの印刷品質を比較てみました。今回は写真印刷編(その2)です。前回少し気になったマゼンタ系統の色を中心に比較してます。

TOP 互換インク選びの基準 互換インク・購入体験記 互換インクの品質を検証