互換インク 品質 比較

写真印刷の品質比較【その1】

メーカー純正インクとインクナビ製の互換インクの印刷品質を比較検証しました。

 

今回は、写真印刷編【その1】です。

 

普通紙でプリント後、スキャナーでパソコンに取り込んでから、adobe photoshop cs3で開いて比較しています。

 

 

調査方法の詳細はこちらをご覧ください

 

純正インク vs 互換インク【写真編】

 

黄色いチューリップの場合

 

純正インク

 

純正インク・チューリップ

 

互換インク

 

互換インク・チューリップ

 

並べて比較してみましょう。

 


(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

左が純正インクで印刷。右が互換インクで印刷。

 

グラデーションの比較でも感じましたが、インクナビの互換インクは純正インクに比べて、イエローとマゼンタの発色が若干明るいようです。

 

青色系統の夜景の場合

 

純正インク

 

純正インク・夜景比較

 

互換インク

 

互換インク・夜景比較

 

比較してみます。

 


(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

左が純正インクで印刷。右が互換インクで印刷。

 

シアンの発色は、違いがあまり判りません。ほぼ同じに見えます。

 

純正インク vs 互換インク【HDR加工写真編】

 

写真を絵のように加工したHDR写真で比較してみましょう。

 

福岡の屋台

 

純正インク

 

純正インク・屋台

 

互換インク

 

互換インク・屋台

 

横に並べてみます。

 


(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

互換インクのマゼンタの発色がわずかに明るく、マゼンタとイエローを使う、茶色の木枠の色の違いが判ります。

 

どうでしょう?わたし的には、逆に互換インクのほうが自然な色に見えます。

 

キスの塩焼き

 

純正インク

 

純正インク・キス

 

互換インク

 

互換インク・キス

 

並べて比較

 


(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

左が純正インクで印刷。右が互換インクで印刷。

 

大葉の緑色が鮮やかです。ほぼ同じ発色に見えます。

 

写真印刷の品質比較・まとめ

 

何点か比較してみましたが、

 

  • C = シアンの発色はほぼ変わらず
  • M = マゼンタの発色は、互換インクがやや明るい
  • Y = イエローの発色も、互換インクがやや明るく出る
  • K = ブラックの発色はほぼ変わらず

 

と、いったところでしょうか。

 

わずかな発色の違いが見られましたが、はっきり言って、好みの問題レベルかもしれません。互換インクの色のほうが自然かなと思う写真もありました。

 

これだけ、品質が高品質であれば、コスト削減に互換インクを使うのも十分にありですね♪

 

今回使用した互換インクはこちら ⇒ インクナビ

 

マゼンタ系統の発色が少しだけ気になったので、次のページで、さらに検証してみました。

次のページ → 写真印刷の比較【その2】

関連ページ

文字印刷の比較
インクナビ製・互換インクとメーカー純正インクの印刷品質を比較してみました。今回は文字印刷編です。プリントしてから、スキャナーでパソコンに取り込みました。
写真印刷の比較【その2】
互換インクと純正インクの印刷品質を比較てみました。今回は写真印刷編(その2)です。前回少し気になったマゼンタ系統の色を中心に比較してます。

TOP 互換インク選びの基準 互換インク・購入体験記 互換インクの品質を検証